未完成のいえ/自邸

成長し続ける大らかなプラン

自然環境に恵まれていて駅から徒歩圏で・・・
と、探していたなかで出会った築25年のコーポラティブ。

少しゆとりのある広さと、屋上緑化されている眺めのよいバルコニー、
南の借景が気に入って住むことをきめた。

受け取った状態はかなり老朽化していたがそれは価格にも反映されていた。
いったんスケルトンまで解体し、床の高さ出しや断熱材からやり直しをしてゆく。


暗さ、閉塞感があるところを改善するように空間をなるべくつなげてゆき光と風を通す。

 
今回はざっくりと仕上げて、将来必要に応じて個室化するように計画している。
限られた工事費用の中で、最初にしかできない部分を中心に作り、
後から足せる部分は、わりきって省略していった。


建具をいれて仕切るもよし、漆喰を塗って気分を変えるもよし、造りつけ収納をたすもよし。
というように、家族の成長にあわせて、季節の移ろいにあわせて動きがでるような空間をつくり、
いましばらくはワンルーム的な住まいとした。

 

1985年築 リノベーション 宝塚市
RC造 インフィルのみ
延べ床:90㎡(ロフト含む)
全範囲一部DIY
施工:(株)中野工務店(川西市久代)
撮影:市川かおり(特記なき限り)